どんなふうに使うの?

the blister packs, vials and money

排卵検査薬を使う人が最近増えてきました。妊活という言葉が流行っていることにも関係しているかもしれません。妊活には排卵検査薬は絶対にあったほうがいいアイテムですからね。排卵日を把握することが出来れば妊娠の確率は確実に増します。なので排卵検査薬を使っていれば無駄なく妊娠を実現することが可能なんです。排卵検査薬には色々とありますがオーソドックスなのは紙状のものです。デジタルのものもありますが、紙状の排卵検査薬のほうが安く買うことが出来ます。効果も確かなので、なんの問題もありません。デジタルのものは消耗品では無いので何回も使えるのが魅力です。なので何人も子供が欲しいのであれば、デジタルの排卵検査薬のほうが結果的に安くなるでしょう。
排卵検査薬は尿から黄体形成ホルモンという、排卵日が近付くと濃度が上昇するものを検査することで排卵日を予測します。排卵検査薬で黄体形成ホルモンの濃度の上昇が確認できたら、その24時間から48時間後に排卵します。
妊娠率を高めたいのであれば、排卵日当日のセックスよりも排卵日の2日前にセックスをすることを心掛けましょう。そうすることで妊娠率は4倍に膨れ上がります。卵子の寿命は24時間なのでその日を逃してしまうと妊娠は出来ません。排卵検査薬では正確な排卵時間までは分からないので、排卵日当日を見越してのセックスだと失敗をする場合があります。なので事前に精子を送り込んでいたほうが妊娠率は高くなるんです。精子の寿命は少なくとも3日はあるので安心です。